Yosemite(ヨセミテ) セキュリティソフト

手軽に使えて便利 だけど知っておきたいUSBメモリの危険性

日常でUSBメモリを利用している人も多いですよね。

 

大容量化、低価格化したことによって、一般的にも普及しやすくなっていて、持ち歩くのにもとても便利なことから、ビジネス用途としても良く使われています。

 

データを手軽に保存し、ちょっとしたサイズのファイルも気軽に詰め込める容量を誇っているUSBメモリは、とても手軽に利用できることから多くの人が利用しているのですが、実は手軽に使えるからこそ危険性もはらんでいるのです。

 

その危険性とはウイルス感染です。

 

コンピュータウィルスと言えば、メールやインターネットのウェブサイトから感染するといったようなイメージを持っている人も多いのですが、実は近年ではUSBメモリを経由して感染するものも少なくありません。

 

手軽に利用できる、ウイルスの感染源と思っていない人が多い、この2つのことから、ウイルスを作る側からすると非常に狙い目だと考えられているのです。

 

では、USBメモリを経由するウイルスのどのようにして感染するのかですが、基本的にはパソコンから移ってきます。

 

既にウイルスに感染しているパソコンにUSBメモリを差し込んでしまうと、自動的に読み込まれてしまって、パソコンの画面に実行する動作を選択という画面が出ますよね。

 

この画面から何かしら操作を選択することで、ウイルスがUSBメモリに保存される仕組みとなっており、この感染してしまったUSBメモリを他のパソコンに接続することでウイルスを広げていく仕組みです。

 

ですので対策としては、USBメモリを差し込んだ時には、自動実行機能を使わないようにする方法をとると良いでしょう。

 

シフトキーを押しながら、パソコンに差し込むと自動実行機能を起動せずにUSBメモリを認識してくれます。

 

 

YOSEMITE セキュリティソフト トップページへ戻る